2018年2月16日金曜日

「平成29年度地域包括ケアシンポジウム」を開催しました


2月16日、わがまちの地域包括ケアを考えるためのシンポジウムを開催しました。
今年度は「地域が主役の『生活支援』」をテーマに、日常生活のちょっとした困りごとの解決・支援を、どのように身近な地域の中で実践していくか、そのヒントを学ぶ機会として企画し、当日は250名を超える方にご参加いただきました。



第1部の講演では、金城学院大学人間科学部の朝倉美江教授から、近年の社会情勢や介護を取り巻く社会保障制度の実情、ゴミ屋敷など暮らしのなかで発生している複合的な生活課題について解説していただきました。また、他の都道府県で取り組まれている生活支援の先駆的な事例や、これから安心して暮らせる地域社会をみんなで創っていくためのポイントも紹介していただきました。



第2部のシンポジウムでは、中川区内で様々な活動や生活支援に取り組む4組5名の実践者が登壇し、取り組みを始めたきっかけや内容、仲間づくりの工夫、活動のモットーなどをご報告いただきました。


○サロンまねき会 田中さん
 「困っている方には、いつでも“笑顔”で接するよう心掛けています。やっぱり、

  こちらの気もちは相手に伝わるものだからね。」

○三日月住宅自治会 藤田さん

 「たまり場の取り組みは“継続性”が重要で、マンネリ化や飽きは大きな問題。
  参加者の興味をうまく引き出して、外部の支援も受けながら続けていきたい。」

○千音寺学区地域福祉推進協議会 西川さん・江村さん
 「隣近所での声の掛けあいを大切に、同じ住宅内という訪問しやすい利点を活か

  しています。お互いさまの気もちが、活動の“やる気”を高めてくれます。」

○くらしたすけあいの会 福谷さん
 「暮らしは十人十色だから、支援にあたっては“ニーズを評価しない”姿勢を

  大切にしています。有償だから選んだという方が、実は沢山います。」

最後に、朝倉教授から「本日の実践報告のように、お互いさまの助けあいが“当たり前”の世の中になり、地域を大きな家と見立てて、誰もが多様な人とのつながりの中で生きていく」ことが、これからの社会では必要になるとのまとめで閉会となりました。 

これからも、こうした機会を通じて、多くの方がお互いに支え・助けあえる地域づくりのきっかけ作りを進めていきたいと思います。ご参加・ご協力いただきました皆さま、ありがとうございました。(渡辺)

2018年1月26日金曜日

認知症サポーター養成講座@名古屋市立工業高等学校

毎年、名古屋市立工業高等学校と中川区社会福祉協議会と協働し
卒業を控えた機械科 3年生を対象に、
『地域』・『ボランティア』という要素を取り入れ、
社会人になっても、役立つ課題研究の授業を実施しています。

今年度は
認知症キャラバンメイトの上田真稔さん(特別養護老人ホーム 共愛の里施設長)
をはじめ社会福祉法人共愛会の方々に協力いただき、
認知症サポーター養成講座』を開催しました。



途中、寸劇を交えて、認知症の方への対応方法を学びました。

認知症は脳の病気であること、何もわからない人ではない、
また、こちらの対応方法で認知症の方の対応も変わることなど理解することができました。


講義の後は、実際に自分たちが道に迷った認知症の方に会ったら、
どんな風に声をかけるか、どんな風に対応するか?グループワークをしました。



『優しく、目線を合わせて大きな声で声をかける。』
『住所がわかったらグーグルで調べる。』などの意見が出ました。
グループワークで出し合った対応方法について
実際にロールプレイをしてみました。

即興にも関わらず、上手に声をかけ、世間話をして話を合わせながら、
どんなことに困っているかを把握し、対応できていました。

これから進学したり、社会人になる機械科3年生の皆さん!
今日から認知症サポーターです。

認知症の方に出会ったり、変だな?と気づいたら、
勇気を出して声をかけたり、声をかけれなくてもそっと近くで見守る
ことができるといいですね。(幸)




2017年12月28日木曜日

なかがわ子ども楽校2017冬★

12月25日(月)、26日(火)に「なかがわ子ども楽校 2017冬」を開催しました!


この事業は昨年度の冬休みから開催しており、第3次地域福祉活動計画の中で、推進委員の皆さんと検討を進めている「子どもたちの居場所づくり」に関するモデル事業です。
 
今回は2日間合わせて59名の小学生の皆さんが参加してくれました。
(2日間連続で参加してくれた子ども達もいました。)

25日は中川区在宅サービスセンターで、26日は初の試みとして富田北地域センターで開催しました。
さらに、前回までの保護者の方からの感想の中で、「世代間交流ができると良い」という声をいただいたこともあり、今回は「昔のあそび」を取り入れたプログラムを企画しました。
 
「なかがわ子ども楽校」では、みんなで一斉に同じことをするのではなく、自由にやりたいことを選んで好きなように移動してもらいながら過ごしてもらいます。
 
★勉強・習字の部屋
 
ボランティアさんに教えてもらいながら、宿題の書初めをしました!

それぞれの名前入りのお手本を書いてもらい・・・
納得いくまでみんな集中して取り組んでいました。
 
宿題や工作も大学生のボランティアさんに教えてもらいながら。

★遊びの部屋
 
将棋、囲碁、お手玉、コマ、福笑い、けん玉、めんこなど・・・

ほとんどのおもちゃは、地域の皆さんや職員さんにお借りしたもの、作っていただいたものです。
本当にありがとうございます!
 
特に男の子たちは将棋や囲碁に夢中!
一緒に遊んでいたボランティアさんと本気で対戦していました。
 
★料理の部屋
今回のメニューは、
・きのこの炊き込みご飯
・ポトフ風スープ
・サイコロステーキ
でした!
ちょうど時期が重なっていたので、メニューはちょっとクリスマスを意識しました。

 
今回も「中日本フード」様にお肉をご提供いただきました。
いつも本当にありがとうございます。

 
みんなで美味しくいただきました!
 
午後からは近くの公園に遊びに行きました。

大学生のボランティアさんは元気な子ども達に大人気!

鬼ごっこでは、ほぼずっと大学生が鬼になっていたり・・・
一緒に走り回って遊んでくれました。
 
最後はボランティアさんの企画でビンゴ大会を!
子ども達もボランティアさんもとっても盛り上がりました。

ビンゴになった子は、おもちゃ・お菓子・手芸品などの景品から好きなものを選べます。
当たらなかった子も最後には景品がもらえました。

 
 
さらに、全員へのお土産として、巾着に入ったお手玉をプレゼントしました。
なんと、巾着もお手玉もすべてボランティアさんの手作りなんです。

ひとつひとつ違った柄で手縫いで作ってくださいました。
その気持ちを忘れずに、大切に遊んでくれたら嬉しいなと思います。
 
子ども達に感想を聞いてみると、
「お兄さんお姉さんと遊べてたのしかった」
「違う学校の友達ができた」
「将棋を教えてもらえてよかった」
と言ってもらえました。
 
大学生のボランティアさん達も、普段あまり関わる機会のない子ども達と一緒に過ごせて、新鮮な気持ちになれたそうです。

 
本当にたくさんの方に協力していただきながら無事に開催することができました。
ありがとうございました。
 
今後の「なかがわ子ども楽校」についても地域の皆さんと共に企画・検討を進めていきます!
 
25日↓
26日↓
 
これからの「なかがわ子ども楽校」もお楽しみに!
(鈴木ま)
 

 

2017年12月27日水曜日

中川区在宅サービスセンター 大そうじ!

12月27日(水)、年末恒例
中川区在宅サービスセンターの大掃除を
職員総出で行いました。
そして、こちらも恒例、今年も
強力な助っ人が来てくれました!

ふだん、サロンの定例会でセンターを
利用されている「クローバークラブ」
「篠原手芸サロン」「サロンたんぽぽ」
のみなさんです。


年末になると、「今年の大掃除は
いつ?」とのお尋ねが…。
「え? そんな、いいんでしょうか?」と言いつつ、お言葉に甘えて…。


みなさんの、こんなボランティア精神が
ふだんの気配りにもつながっているのかなぁと思ったりします。

ふだん私たちが気づかない汚れも目につくようで、
床、壁、机、備品を、フキフキ、ゴシゴシ…。 すっきり、ピカピカになりました。



きれいになった部屋で記念撮影。
みなさん、ありがとうございました!

今年も大変お世話になりました。
2018年がいい年になりますように。
よいお年を…     


             (伊藤ゆ)

2017年12月20日水曜日

なかがわ子ども食堂

12月19日(火)に高畑駅近くの「鉄板焼き屋 GORU」で開催されている
「なかがわ子ども食堂」におじゃましてきました!


「子ども食堂」とは…

子どもの居場所づくりを目的に、手作りの食事を低額で提供し、子どもだけでなく多世代の方が気軽に訪れて、一緒に食事や交流を楽しむ場所です。
食事を通して子どもの笑顔を増やす「子ども食堂」の活動は、全国的に広がっています。



「なかがわ子ども食堂」は、そんな思いを持った有志の方々が企画し、地域の方のさまざまな協力のもと立ち上がりました!
この「なかがわ子ども食堂」の特徴は、会場が鉄板焼き屋さんであることです!オーナーさんの全面協力を得て、店舗を借りて開催しています。
また、運営は学生のボランティアさんが中心で、活気に溢れています。


11月にオープンしたばかりで、今回で2回目の開催です。


 
18時のオープンから、たくさんの方で賑わいました!
 
 

今日のメニューは鉄板焼き屋さんならではの本格的な「焼きそば定食」です!



さらに、ごはん、お味噌汁、サラダ付きで栄養満点!
とても美味しかったです。

 
 

次々と参加者の方がみえて、学生さんたちは大忙しです!

 
 
 
 

この日は、子どもと大人を合わせて36名の方が参加されました。

学生さんたちが、協力してチラシを2000枚ほど配ったそうで、努力の成果ですね。

 
 
 
カウンターもあって、思い思いに食事を楽しむことができます。
 

この日は、ホームニュースの取材も受けていました!!
 
 

子どもから大人まで、一緒に食事を楽しんでとても和やかな雰囲気でした。
食事が終わってからも、長居してしまいます。



学生さんたちも、この活動を楽しんでいて、「将来、福祉の仕事に就きたい」
という学生さんもいらっしゃいました。
 
参加する方だけでなく、場を提供する側も一緒に幸せになれるこの活動の
素晴らしさを感じました。


この「子ども食堂」が、身近な子どもの楽しい居場所となり、さらには
地域のつながりをさらに深める場所になればいいなぁと思います。



これからも、「子ども食堂」の活動が広がるよう、応援していきたいと思います!

次回の「なかがわ子ども食堂」は、
日時:1月30日(火)18:00~19:30
場所:鉄板焼き屋 GORU(高畑3丁目138ウィングビル2F)
で開催します。



「なかがわ子ども食堂」の皆さん、素敵な時間をありがとうございました! (小西)